アメドのお宿 Aquaterrace のオーナーのブログです
by pieces-of-bali
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:Lombok ( 10 ) タグの人気記事
アメドからギリメノーへ ②
ラムネ色の海、真っ白の砂~と感動しまくりのアメドから
ギリメノーへの2泊3日旅の続きです。 前編はアメドからギリメノへ ① でどうぞ

さてお部屋もRust Mimpi Manis に決定しひと安心したところで
早速絶景のRust Mimpi Manisのレストランへ。

海の上に突き出たように建ってます。
b0089340_13112437.jpg

しかもILLYのコーヒーも飲めるんです!
さすがに島風にさらされ、海水にあたりで、すでに塗装なんかは
ハゲハゲですが、それもいい感じです。

マハはいつものお得意のポーズ
b0089340_13105648.jpg


こっち側は、離れになってる席です
b0089340_13115358.jpg

オーダーしたのはシーフードピザとアボカドラップ
そしてビンタン
ヤングココナッツは宿のお兄ちゃんからのサービス
b0089340_1312816.jpg

ピザはやや厚い生地のタイプでしたがチーズたっぷりで
バリでは(あ、ここはバリじゃなくロンボクですね)チーズがやたら
高級品なので、普段あまり口に出来ないので、それだけでも幸せです!

アボカドラップもチーズ混ぜ込みどろりん~でマズイわけなし。
b0089340_13123883.jpg


ただひたすら海眺めながら、幸せ~

あっというまに時間がすぎて、もうすでに夕方、ギリメノは小さいので
星の王子様とはいきませんが、ちょっと歩いただけで島の西側に出て
夕陽が見れますので、サンセットエリアまでお散歩
(スピードボートなどの船着き場は、島の東側にあります)

この島は、何でもかもがアートで可愛く見えます。
おぉ、ブラックパール号のジュクン!!愛しのジャックスパロー(?)
b0089340_1314763.jpg

珊瑚のオブジェ
b0089340_13153278.jpg

b0089340_13155150.jpg

とことこ歩くうちに、なんとなく夕方な色になってきました
ちょうどタイムはかったかのように、ビーチ沿いにでっき
チェアが並んでるバーに到着です。
b0089340_13163730.jpg

マハは抱っこして歩いてる間に寝ちゃったので、起きないように
そーっとデッキチェアに
b0089340_13165576.jpg

とりあえずビールオーダーして、飲んでるうちにいい感じのサンセット
b0089340_1319383.jpg

バリ島のアグン山がうっすら見えます。
b0089340_13172210.jpg

これは9月11日(’12)の写真なので、それから判断すると
10月半ばくらいだと、きれいにアグン山のてっぺんにサンセットする
感じになりそうな感じ。

夕食は、別のとこで食べようと思ってたんですが、マハ爆睡中につき
ここで食べることにしました。
そしてメニュー見てはじめて気付きましたが、ここはさっきチドモで
お部屋探しにきADENG-ADENG経営のビーチバーだったんですね。

正式名は忘れましたが、タイグリーン海老カレー
b0089340_13173762.jpg

写真では美味しそうに見えませんが、結構大き目のエビが7・8匹
入ってて辛さは私にはヤヤマイルドすぎましたが、フレッシュココナッツミルクが
いい感じでめちゃ美味しい!

こっちもタイメニューからガッパオライス
チキンとバジルの葉っぱのソテー
b0089340_13175465.jpg

きゅうりで巻いてるご飯もいいアイデア。

食べ終わったら、すっかり真っ暗。
夜道をあまり電気もない中、とことこ歩いて帰りました。
でもギリは犬がいないので、犬にほえられないから夜道も
怖くないです。 そんな感じで一日目終了。
[PR]
by pieces-of-bali | 2013-03-14 13:20 | ロンボク
砂はどこからきて、どこに向かうのか?
どちて坊やのPちゃんは、またまたどちてー??の渦にまかれてます(笑)
今日の”どちてー??”はゲゲルのビーチの砂。
私はいろんな国行った事ないから、いろんな砂しらない。
しかも南の国で海に入るなんて”ありえないっ!”って感じで生きてきたの。
(アメドにいきあたるまではねー)

ちょうどそんな、海に入るもありかなーって思いはじめた頃ザ.バレお泊りに。
そして滞在中にはもちろん、バレのプライベートプールのあるゲゲルビーチに訪問は
外せない。時期はちょうど雨季まっただ中で、ちょっと薄曇りの日だったので海の青さも、
ビーチの白さもイマイチで、「なーんだ白くないじゃん。」って思いながらも、それなりに
楽しんどりました。(同行の隊長は別段海に興味もなさげにデッキチャアで読書を楽しんでました)

天気悪くて別段青くも白くもないビーチでしたが、私的には心捉えられたのがそこの砂の質感。
丸くて大きくて、ほとんど足にもひっついてこないこの砂はなんなん??って。
でもそんなことはそのうちに忘れてしまってました...
(ちなみにアメドの黒砂ビーチもルビ海岸の金の砂入り黒砂も、いちいち私にはめずらしい存在だったのですが
世界をみわたすと黒砂のビーチってのはめずらしくももなんともないらしい)


隊長いわく、インドネシアのフローレスの近くのどっかの浜にはピンク色のビーチも
あるんだって!!

そんな話を聞いてた頃、砂に興味でて見つけたお気に入りのサイト世界の砂
ここヒジョーに大好き。ちゃんと覚える事はできないけどね(笑)↑
ひさびさに見たら寄贈の砂のコーナーがいっぱい増えてて感動した☆

そして先日のstyさまの記事インドネシアで1番キレイなビーチ?!でひさびさにこの事を
思い出したのでTB!

そしてその私にとっては不思議だった、丸っこい体にくっつかない大きな砂に
ノボテルロンボクで再び出会っちゃいました。

b0089340_13403686.gif
世界の砂のサイトによるとこれは砂ではなくて有孔虫の死がいらしい。よって正確にはこれは
砂じゃないのね...
わたしにとってはめずらしかったものだけど、これも本当はめずらしくもなんともない、
典型的な南の島の一つのものなのかもね。(実物大はこれよりやや大きくてもっと茶っぽい)
私の曖昧な記憶ではこれに近い気がする。
(注 タンジュンアンビーチの岩向こうの白砂ビーチではないです)

b0089340_1341741.gif
一応*この砂の観測場所 -------- ノボテルロンボクの浜を丘にむかって歩いて行ったら、
歩いても渡れる規模の小さい小川があって、そこの手前のあたり。
対岸は牛の放牧されてる、私のお気に入りの丘

ついでに、結局行けなかったけど、オアフ島のカイルアビーチ☆
きっと正真正銘の白い砂に違いない。
白と比べても本当にこんなに白いんだもの。
でもでも、このスキャンのカイルアの白い砂みてー! えー!?白くない。
なんで??これも岩一つ向こうにまでいけば、本当に白砂がまってるのか?

昨日は砂が気になって気になってしょうがないから、日本で一番砂の多い場所”鳥取砂丘”まで
行ってきたけど、やっぱり答えはでなかった...(ヒマ人でスミマセン(笑)
そこまで行ってわかったことは、日本海のアジの活造りはめちゃうまだってことのみ。

いつか本当に白いビーチに出会えますように
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-11-15 15:24 | ロンボク
楽園にすむ猫集団@Novotel Lombok
なんだかstyさんがロンボクに行かれたと知って、今年のはじめに行ったロンボク写真を
見直してたらノボテルロンボクに再び行きたい病がでてしまった。

b0089340_3503290.gif
私のお気に入りの丘からの風景

まだ日が昇りきる前で穏やかな薄蒼い時間。
こんなに素敵なのにゲストは誰も早起きしてないから、プライベート丘気分が
味わえるのよね。

ホテルとは反対側の椰子林に降りて行ったら、猫楽園発見!

b0089340_42810.gif
b0089340_422377.gif


再びここに行きたいっていうよりも、
この子達になって、ここに住みたい。

猫っていいよなー

[PR]
by pieces-of-bali | 2006-10-22 04:09 | ロンボク
VILA OMBAK ** お遊び **
ひとまずお部屋でひと休憩したあと、さて島探検にでかけましょう!
ここの宿はアクティビティもいろいろやってます。

b0089340_2036838.gif

b0089340_20362441.gif


あとこの宿はSpaがすっごい安いのです!
Balinese Massage   US$ 16/60min
Aromatherapy Massage US$ 24/80min


b0089340_2113949.gifb0089340_2115510.gif


施設もそれなりですが、
これだけ安いと、とりあえず
やっとかなきゃ損(?)って
思いますよねー。



アクティビティの中のひとつ”Cidomo Round Giri--チドモに乗って島一周--"
選んでみましたー! (価格は40,000RP)
b0089340_20415724.gif


b0089340_2043555.gif
b0089340_20441016.gif
b0089340_20442573.gif

のどかな海岸沿いを走っていくうちに、段々と日も暮れてきてそして美しいサンセット。
小さい島なので、簡単に一周する事が出来ます。


b0089340_20491455.gifb0089340_20505473.gif

←お庭のチェス


   夕食→
採れたてぴちぴち魚が
船盛りに。
好きな調理法で
料理してくれます。


そんなとこで夜もすっかり更けていきましたー。

そして感動の次の朝
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-06-18 21:16 | ロンボク
VILA OMBAK ** お部屋 **
そして先日から引き続き、ギリ.トラワンガンはVILA OMBAK--ヴィラ.オンバッ--
いよいよチェックインしてお部屋デラックスファミリーバンガローにむかいまーす。

b0089340_21414856.gif






ヴィラの周りは緑がいっぱいで、
小さめだけどちゃんとテラスも
ついてます。


b0089340_214607.gif 

今までこのカテゴリーの部屋の
写真見ても天蓋付きベットじゃ
なかったけど、いやなかなか
ロマンティックですよねー。



b0089340_21530100.gif

っていうかね、このカテゴリーわけの
”デラックスファミリーバンガロー”って
名前で、この部屋損してない?

こんなに可愛いのに、ファミリーって
付くだけで、なんだか敬遠しちゃうかも。

b0089340_21531656.gif



b0089340_2203851.gif

b0089340_220722.gif



オープンエアのバスルーム、シャワーはたっぷり塩気があるので仕上げにのみ
真水を浴びれるように、横においてあります。
まあねータラソテラピーの一種だと思って楽しみましょう!


--ヴィラ.オンバッ-- は、まだまだ後日につづきまーす。 乞うご期待!
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-06-17 22:11 | ロンボク
ロンボクからギリ.トラワンガンへ
そしてバリのパダンバイからフェリーに乗り込み6時間かけて、ロンボクに着陸した一行。
(でも6時間も楽しめて、たったの21000RPって安いですよねー、飛行機なんかたったの25分で
終わっちゃうのに15倍くらいの価格するのよー!)


そしてそこからさらに目指すはギリ.トラワンガンのVILA OMBAK--ヴィラ.オンバッ--
ギリ トラワンガンはロンボク島の西北にある3つの小島のうちのひとつで、
ヴィラ.オンバッは、トラワンガンで一番豪華なホテルなんじゃないかな。

そこまでの送迎はホテルに全てお願いして、レンバール港(ロンボク島フェリー港)から
専用車でトラワンガンまで行くボートの出る港まで移動。
そこからは専用の小型のモーターボートに乗り換えてホテルの前の浜まで。
(もちろん飛行機のかたは、空港からの送迎も可能ですよ。)

所要時間は レンバール港~Teluk Kode(モータボートの港) 約1時間半 by 車
      Teluk Kode ~ ヴィラ. オンバッ    約10分 by モーターボート

                

b0089340_19272295.gif





ロンボク側のモーターボート乗場。
この辺りのビーチは黒砂ですね。 
何かわからないけど、ルンブンスタイル
の建物が可愛い。






b0089340_1921537.gif 




小さいボートだから、荷物も少なめで行く方が
いいよねー。
乗り込むときにサンダルも濡れるから、あんまり
きれいな靴は、もったいないかな。


b0089340_23465698.gif 







トラワンガンに到着! 
海の青さと砂の白さが
ロンボク側とは一線が
画されてますねー。


b0089340_2352294.gif



ビーチ沿いにあるヴィラ.オンバッの
レストラン。
本当にリゾート感満載!!




b0089340_23544082.gif










      変なオブジェ付きのウェルカムドリンク
      楽しすぎー!!

b0089340_2359121.gif


パブリックスペースに
あるハンモック。
敷地内にこんな楽しい
場所がいっぱい。

b0089340_024314.gif

ルンブンコテージの外観
テラスは気持ちよさげだけど
隣のコテージとひっつきすぎ
だよねー。
しかもハシゴで部屋の出入り
するのって...



b0089340_03284.gif 

動きやすさ重視で今回選んだ
デラックスファミリーバンガロー
広さも充分だし、お部屋の中も
なかなか素敵ー!


お部屋の中とか、食事とかはまた後日~! 乞うご期待
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-06-16 00:00 | ロンボク
やっぱり船旅は憧れ!
2006年の2月に、私の果たせなかった夢憧れのローカルフェリーでロンボクへーーを
今回うちの視察隊長が、とりあえず果たしてくれました。
nono_hoaさんの”ローカルフェリーレポート”でも言われてる通り、やはり多少の時間の
ロスはあるものの、船の上からの景色はとっても素晴らしいみたい!


b0089340_1144275.gif


パダンパイのフェリー乗場
日本の港も同じような感じかな。

b0089340_115012.gif


ちゃんと大型トラックも積み込んでるから
意外と揺れは少ないだろうと思う

b0089340_1151648.gif


あー、さすがに乗客もローカルばっかり
思ってたよりは、空いてる気がする。


パダンバイからのロンボクへのフェリーは、朝6時から1時間半毎のタイムスケジュールで運航しています。
私達は7時半発に乗る気でしたが、この7時半発号が出航したのが8時20分。
まぁこんなことは普通でしょうからよしとします。
10年前に乗った時は4時間位で着いたような記憶があるんですが今回、到着したのが午後2時でした!
(料金は一人21000Rp)
古くて小さめのフェリーで、プラマで集合するツーリストも皆無の時間帯ですから、ドメスティック感
あふれる状態でした~もちろんポーターと物売りの攻撃はありますが、私に対してはあんまりしつこく
なかったです。「寄るなオーラ」がでてたか?!
(隊長談)

やっぱり、私としてはロンボク島内でいろいろ移動してみたいので、ぜひバリから
車持ち込みで行きたいな~って思います。ロンボクって結構広いからね~。
でも6時間かー... 

とにかく美しい船上からの景色
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-06-15 00:35 | ロンボク
バリからのプチ旅--ロンボクへ--その3
本当は私はロンボクへはパダンバイからフェリーに乗って行きたかったのですが
その頃は雨季真っ最中で、嵐のような日が毎日続いていました。
そしていつもお世話になっている代理店の:::BALI HOTEL BOOK:::のKaoriさんから
船乗場に何回も電話してもらってたのですが、つながらない状態でした。
しょうがないので断念してメルパティでの渡ロンボクとなりました。

そして帰国後、いつものようにバリがらみのネットパトロールしていて見つけたのですが
なんと1月26日にフェリーは動いていた!?
そしてそのフェリーで行かれたnono_hoaさんもまた同じくロンボク.スンギギエリアの
The Qunci--ザ.クンチ--に泊まっておられましたのでTBはってみました!
(ただし私は手頃で海に近い方にあるQunti Villasの方ですが...)

b0089340_1822796.gif

こじんまりしたプールですが、さすがにロンボク島の西側に位置してますので
夕陽タイムは素敵です。先に泊まってましたクタエリアのノボテル.ロンボク
どちらっかっていうと朝日がきれいに見えました。

b0089340_18284947.gifb0089340_18283376.gif
      部屋のテラス             テラスからの眺め

私のお部屋は一番奥(一番海に近い)の右側でしたが、多分左側の並びの
一番海に近い部屋(2F)が、このヴィラのなかでは最も眺めがいいと思います。

b0089340_18293369.gif
ウェルカムフルーツって普通お部屋にもともとドンって
置いてあると思うのですが、カットして冷や冷やのが
運ばれてきたのでちょっとご機嫌UP!



b0089340_1829443.gifb0089340_1830288.gif


チェックインバリのズバ感も投稿してますので

ただしこのあたりは、朝夕の4時になるとマイクを通して大音量のコーランが〜♪
(夕方はまー耐えよう、早朝は勘弁してよー!!)
どっちでもいいけど、このヴィラはヒンドゥーの神様がありましたので、なんとなーく
落ち着きました。

サンセットは本当にステキ〜
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-05-23 00:00 | ロンボク
バリからのプチ旅--ロンボクへ その2--
そして2月3日メルパティのフライトキャンセルで、Wingsにのりロンボクいり
そして本日の宿泊先 Novotel Lombok--ノボテル.ロンボク--

(マタラム空港からノボテルまでの移動はホテル予約をお願いした代理店さんを通して
 ノボテルの車を頼んで220000Rp。
 空港での強烈な客引きとの値段交渉もすることなく、さっとエアコンの効いた車に
 乗り込めるので、これは大正解でした!)



b0089340_1636820.gif

ホテルの横の丘の上から見た景色
日中は暑いのでしんどいですが、朝夕なら気軽に登れる高さ。



b0089340_16422069.gif


ホテルの中は楽しい
オブジェがいっぱい


b0089340_16425378.gif


スーペリアルームのお部屋
広さは充分です
風呂はシャワーのみ


b0089340_16433251.gif


ロンボク名物の
アヤムタリワン
めちゃうま!!


b0089340_16434887.gif


レストランからみた風景
目の前海しかありません


b0089340_1644652.gif


朝食バフェ
そんなに種類は多くないが
まー満足できる


b0089340_192044.gif
                  
---おまけ----
丘の上に生えていたマジックマッシュルーム
*食べちゃいけませんよ!!

        

ホテルの敷地図もみたい!
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-05-04 00:00 | ロンボク
バリからのプチ旅--ロンボクへ その1--
2006年2月
地図でみたらバリ島の右横にバリと同じくらいの大きさの島がありますよね。
それがロンボク島なのですが、私のバリでの朝日ポイントのアメドからみると
ちょうど日の出がロンボクの後ろあたりからになるので、真っ赤な中にシルエットで
黒くロンボクが浮かび上がります。(ちょっと葛飾北斎の赤富士みたい)
それを見るたびにずっと「あっちにも行きたいなー」と思っていたのですが、
この度やっと行く事ができました。

ロンボクへはバリからたった25分のフライトで行けるのですが、これが
なかなか厄介な飛行機を利用しなければならないのです。

それがこのフライトキャンセルで有名なメルパティ航空です!!


b0089340_2595577.gif
私の利用時の2/3はバリ~ロンボクが
朝の7時の1便のみに。
後は全てフライトキャンセル。

私は予定時間の3時間後のWingsエアに
振り替えられた


2/6のロンボク~バリは問題なし

今のとこ1勝1敗

メルパティに乗ってみたい!
[PR]
by pieces-of-bali | 2006-05-03 00:00 | ロンボク


Pちゃんのお宿
Bed & Breakfast
:: Aquaterrace ::
--アクアテラス--


バリ島ホテル代理店
::BALI HOTEL BOOK::

タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧