アメドのお宿 Aquaterrace のオーナーのブログです
by アクアテラス
<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
お値打ち宿-- Mutiara Resort --
ここんとこ50ドル付近のお宿開拓に力を入れているスダッ バンクルッ(破産しちゃった)な
Pちゃんです(笑)いや~、でも50ドルくらいでも、探せばいいとこなんぼでも出てきますね。
なんだかバリの底力感じてしまってますよ。

そして4月からは、さらにお手頃宿な30ドル付近(予算はどんどん下がる(笑)の宿探しに
積極的にならなきゃね~
そして絶対、これから安くていいって話題になるであろうとこの予約も完了させちゃいまいした!
安いとこなんだけど、楽しみだな~。

そして今日はタイチョも泊まってきてヨカッタって薦めてくれたMutiara Resort-- ムティアラ
リゾート--
(バリな音♪なります) タイチョの詳しい記事も一緒にどーぞ!

この日は、すっごい雨で道路のあちこちが洪水でした@2007年 年末
車降りて、屋根あるとこまで歩く一瞬でびしょ濡れ~なチェックイン、こんな時高級なホテルなら
さっと車が停まると同時に扉あけてくれて傘もったスタッフがお出迎えしてくれるんですが、この
クラスでは、さすがに無理でしたね~。

でもレセプションロビーは、想像したたよりもかなーり立派で新しくてビックリ
b0089340_23442570.jpg
ウェルカムドリンクは、でてきたものの一口しか飲むヒマなく慌しくお部屋に案内されちゃいました(笑)
あ、もちろん美味しかったら「ちょっと待って、飲みたいから。」ってストップかけるけど、
一口で、「あ、いらない~」っていう甘さだったので、黙ってベルについていきました。

「雨降ってるんやから、さっさと行くで。」って感じのベルマン無視して、雨に濡れるの平気な
私は写真撮影。走るくらいなら、雨に濡れる方がずっとマシ~(笑)
b0089340_23555544.jpg

結構緑も茂ってていい感じのお庭でした。
b0089340_002694.jpg
繁忙期なので、ちょっとでも静かな方がいいと思って”静かな角部屋”ってリクエストしたんですが
こんな土砂降りなら、レセプション近くっていうリクエストすればよかった・・・とちょっと後悔。

でもリクエストはしっかり通ってて、一番奥のひっそりしたお部屋(ルームナンバー忘れた)
b0089340_03157.jpg
写真は夕方なのですでに薄暗いけど、お部屋の構造的にこのホテルの部屋はどっこも
閉塞感はないと思います。

クローゼットはなぜか、バスルームにやたらと大きなのがあります。なんでわざわざバスルーム
の中につくったのかは不明。
ベッドルームにあるほうが絶対使いやすいのに。あ、そういやザ・ガンサのクローゼットも
バスルームにあって不思議だったよな。
b0089340_071940.jpg
そして噂どおりにやたらと広いバスルーム
b0089340_0133816.jpg
お湯の出もガンガンで、ちょっと掃除が甘いけど50ドルなら、上等でしょ!
b0089340_0134896.jpg
そして一気に朝食のレストランです。7:45くらいに行ったら一番乗りでした!
b0089340_0183084.jpg

雨はひつこく降り続けてたので、「思いっきり繁忙料金のプライベートプール付きヴィラとか
泊まってる人に申し訳ないな~」とかバリ営業部として思わずにはいられませんでした。
b0089340_0262985.jpg
ここの朝食は、選択肢も多くて、なかなか良いらしくちょっと楽しみだったんです♪
b0089340_0403298.jpg

Alternativeの白身のオムレツがかなり気になったんですが、マッシュポテトっての見つけて
そそられたのでそっち選んでしまった。
b0089340_0343084.jpg

あ~忘れてた。私マッシュポテトは好きなんだけど、豆嫌いだったんだ~。
でも、健康的な味付けではなく、かなり濃い目にガツンと味ついてたので、割と食べれました。

そしてゴマ油がしっかりきいた、中華粥っぽいブブール
b0089340_04216100.jpg
フルーツジュースかフルーツプレートかどっちか選ぶホテルが多いのですが、
ここはしっかりどっちもついてきました。
b0089340_0482212.jpg

この頃からレストランにはわさわさと中華系のインドネシア人がやってきてほぼ満席でしたが
このレストランのスタッフすごいですよ!
ムダな動きひとつしなく、もうテキパキテキパキさばくさばく。
厨房に料理とりに戻る時は、かならず小走りなの、そしてお客様の前に戻ったら出来るだけ
優雅に運ぶの、スゴイわ~。まさに選ばれし戦士!!

いや、ほんとこのお宿場所もオベロイ通りから近いし、なかなかいいんでないでしょうか!
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-28 00:58 | 南部エリア
アメドのお家の箱完成☆
2007年12月28日に、無事ウパチャラをすませた私のアメドのお家。ウパチャラを済またので
これで堂々とお家の中で寝泊りもできます。
と、いってもまだその時はベッドもなにもなかったんですけどねー(笑)

とりあえず、お家の箱だけは完成! 
あとは電気のパワー整えたり、水を上まであげるエンジンつけたり、庭や壁も作らなきゃならないし
バリの土地にあるお家であるかぎり、やっぱりお家のお寺も作らなきゃ...とまだまだしなくちゃ
いけない事は、山積みなんですけどね。

とりあえずここまでの過程は”タグ” built house@Amed からどうぞ!
b0089340_2135532.jpg
右側のグレーの部分がへんだな~って思うんだけど、バリの人たちが言うには「雨水が落ちる壁は、
すぐに汚くなるから、ゴム素材の水はじくの塗らなあかんの。」とのこと。




玄関っていうものはなく、1階のお部屋の入り口はこのテラスから。
b0089340_23402834.jpg

そしてメインの扉 TO キッチン
b0089340_2342623.jpg
キッチン周りは、なぜか黒く塗られちゃいました。
b0089340_23442237.jpg

ほんとはナチュラルな木の色のがよかったんですけどね~・・・
このお家の共同オーナーがKayanaのバスルームの白黒の対比の美しさに一目ぼれで
なんせ白黒にしたくなったらしいです(笑)

でもバスルームのタイルの黒だけは必死で阻止したんですよ。
だって大雑把な私が、そんなのキレイに保てるわけないもの。泡飛ばして、白くなったの
洗い流すのたいへんそうだし~

なわけで、お風呂はナチュラルカラーの大理石
b0089340_23502447.jpg

日本式に椅子に座って、体洗ったり、頭洗ったりできるようにしたかったので、日本人wayな
入浴をバリの大工さんに説明するのが大変だったんですよ~(笑)
身振り手振りで説明した甲斐がありまして、フック2ケ所つけるとかじゃなく、フックごと上下に
動くやつ選んでくれてました。
b0089340_23513866.jpg

そしてヘッドの大きいレインシャワーのもついてるし、ほんとよくやってくれたわ。感謝です!
そして一番の問題の水圧あげるエンジンさえつけば、かなり快適なバスタイムが楽しめるはず!
って、実はそれが一番の大きな問題で、今のとこ電話で聞いたらちゃんとでる~って言ってたけど
実際自分が試すまでは不安。

そして憧れだったTOTOの丸いシンク
b0089340_23533943.jpg


そしてここからは、お客様用のお二階のスペースです!

ここはお部屋に入るまえのポーチ(屋根はない)下にひいてるタイルはセメントに小石で絵を
書いた手作りタイルでーす!
b0089340_21383668.jpg
お部屋はこんな感じに仕上がりました!とにかく明るい海がとことん満喫できるお部屋にしたかった
ので窓はできるだけ大きくしてもらいました。そしてテラスもできるだけ広く。
サイドには室内用のソファ兼デイベッド、マットレスを設置する予定です。
70x170あるので、エキストラベッドとしても使えると思いますよ~。
b0089340_21435678.jpg
そしてこれはクローゼットコーナーここも3人分がわけて使えるようになってます。
b0089340_21414535.jpg

そして自慢の海が見ながら入れるバスタブでーす!
b0089340_21513498.jpg

1階のお風呂よりはだいぶん狭いんですが、あんまり広いお風呂も怖いでしょ?(って言い訳(笑)
そして何よりの最大の売りは、このテラスです☆
b0089340_2154587.jpg
左下にジュクンが通り過ぎてくのが写ってるでしょ。これがアメドの海。
テラスにでてみて右側の眺めはこんな感じ。
b0089340_21595460.jpg


このテラスに座って、ずーっと一日中海の色の変化みたるだけでも幸せなんです。
アメドはバリ島の東に位置してるので、夕陽のまん丸がバーンって海に沈む姿は見れないの
ですが、それでも夕焼けのはしっこで海が染まっていきます。
b0089340_2241355.jpg
海の向こうにロンボク島がみえるの。
b0089340_224209.jpg


ちょっとだけバリ建築の恐怖を~
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-25 22:15 | Amed--アメド--
大和 -- Japanese foods -- @sanur
この冬バリでは、勝手にmyブーム かき揚げウィークやってしまいました。
とりあえずバリでの滞在が長くなってくると、どうしても和食行きたいってなってくるんですよね。
そして一回食べちゃうと、やっぱこれが魂に響いてきてウマイんです~♪
b0089340_235665.jpg
かき揚げ丼38,000RP
ここのは最初から甘辛たれがかかって出てきましたので、攻撃的なサクサク感はございません。

攻撃的なサクサク感希望のかたはクロボカンのDahanaへどーぞ!

b0089340_2115554.jpg
エビカツ丼 42,000RPこれもフツーに美味しかったです!

あとはラージビンタン頼みましたが、22,000RPでした。

店内はこんな感じ
b0089340_2152951.jpg
キレイにしてあるんだけど、蛍光灯がなんだかね・・・
蛍光灯の明かりの下で食べたら、なんだか美味しさ半減な気がするのは私だけじゃないはず。

あ、そういや私のアメドの家も、工事中は大工さんが作業しやすいようにか蛍光ランプに
なってたな~、今度いったら全部変えてもらおう。
やっぱ電球色のほうが、雰囲気いいもんね。

オーナさんは、日本人でひたすら電撃殺虫ラケットでバチバチッって蚊を殺しておられました!
b0089340_2203246.jpg
すっごい格好いいの!バチッって言うんですね
ほんとは「ちょっとさせていただけませんか?」って言いたかったのだけどティダ アダ ブラニ。

ランチはこんなセットものもあって、なかなかおトクっぽい。
b0089340_227448.jpg


場所が、車で行くのに便利なサヌールのバイパス沿いなので、行きやすいので
また行ってみようっと。ザンギ(鳥のからあげ)が美味しいらしいですよ。

JL By Pass Ngurah Rai 101X Sanur
Phone:0361-289025
大和 -- Yamato Japanese Foods --


AX
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-24 01:59 | Sanur
BANYUNING ピープル
なんで、こんなにバリが好きになってしまったんだろう?ってときどき自分でも不思議になる。

もちろんリゾートとしてのバリは、あんなに素敵なヴィラが、こーんな手頃な価格で楽しめる
ってのも大きな大きな要素だけど、もちろんそれだけじゃない。

景色?気候?って考える。もちろんそれも大好きだけど、結局はやっぱり人。


私の文の能力じゃ、全くうまく伝えられないのだけど やまさんの言葉 が一番ぴったりくる
気がする。 ま、私の場合はもうすでに記憶だけでは生きていけなくなって、春から生きる
基盤をバリにうつそうってところまできちゃってるんですけどね(笑)

大好きなひとたちがいる、この場所 Maharasta@Banyuning Amed
この席に座ってたら、じつにいろんな出会いがある。ひとつひとつがいとしい思い出。
b0089340_0213311.jpg
前の浜はジュクンがいっぱいで、普通に村人の生活の場
b0089340_0265497.jpg
あ、実は日本沈船の前なので、ほんとはシュノーケルポイントですが(笑)

そしてその大好きなバニュニンの濃い~キャラの村人たちb0089340_141085.jpgb0089340_0382791.jpgb0089340_038374.jpg
b0089340_0463611.jpgb0089340_041249.jpgb0089340_0395923.jpg
b0089340_0413331.jpgb0089340_0394767.jpgb0089340_0503990.jpg
b0089340_0452641.jpgb0089340_0425973.jpgb0089340_0393435.jpg
b0089340_125943.jpgb0089340_133268.jpgb0089340_0381259.jpg
なんでこんなにいっぱい、写真とってるかっていうと、私コンパクトプリンターの
PIVI持ってるもんだから、みんなに「写真とって~!一枚プリントして~」攻撃にあうのよね(苦)
でもある子の言葉 「僕の財布にはお金は入ってないけど、財布あけたら僕の写真があって
心温まる~。」って。
そんな気持ちになってくれるんだったら、写真一枚あげるくらいお安い御用(笑)
っていうか、自分の写真見て心温まるバリの人達おバカ~(愛情こめて)
でもそんなおバカな人たちの写真見て心温まってる私、おおバカ~

そういや見よう見まねで書いた日本語Tシャツ@手描き byピレッ
b0089340_057376.jpg
ほんとかウソかは知らないけど、辞書でみて写したらしい。
意味はさておきめちゃうまいよね!

この写真をみながら、The foundationsの"We are happy people"聞くのが、
めっちゃ気分でる♪
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-22 01:09
ブルガリのカーテンをオーダー☆
私のアメドのお家のために、前回の旅ではいろいろ家具類なんかをオーダーしてきたんですが
そのなかのひとつで、なっなんと!BVLGARIのカーテンもオーダーしちゃいました!

スゴイでしょー、バリでは気軽にBVLGARIのカーテンもオーダーできちゃうんですよ☆
まずは記事サンプルを出してくださるので、そこから選びまーす!
b0089340_2314128.jpg

ブルガリの他には、ASTON製もありましたよ!って・・・あれ? 
ごめんなさーい!ウソです。
生地の名前が単にBVLGARIなだけなんです(笑)
もしオーダーするぞ!って意気込んだ方いらっしゃたら、本当にごめんなさい。

よかったら機嫌直しに過去記事ですが、ほんとの BVLGARI BALI はこちらから!

本当は都会のお洒落なお店でオーダーしたいのですが、そうしたらバリ島最果ての東部アメドまで
取り付けに来て頂くのも大変なので、アンラプラの街でオーダーしたんです。
いかにもローカルなこんなお店
b0089340_2394639.jpg

店の端にミシンがばーって置いてあって、ここで縫製してるようです。
b0089340_23105250.jpg

そしてお店の前には素敵な ♪ ABANG TUKANG BAKSO (アニキのこと)♪ ♪ ならぬ
♪ ABANG TUKANG BUBUR AYAM ♪が!
b0089340_2317449.jpg
こりゃ~食べとかなきゃダメでしょ~。
屋台の裏側にカウンターっぽくなっててそこで座って食べれます。
b0089340_2319364.jpg
でてきた~!が、しかし表面クルップだらけで、何にもみえませよ(笑)
b0089340_23205587.jpg
ちょっとクルップにどいて頂いて、ほらこんなんなの!美味しそ~!!
いい感じにギラってしてるでしょ。
b0089340_232275.jpg
すっごく下品に濃い味付けで美味しかった~♥♥♥

バリではROLEXも気軽にかえるんです
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-16 23:34 | なんでもないこと
カユヌサ朝ごはん図鑑
目覚めたら、プール一面が花びらで埋め尽くされてるっていうまだ夢の続きのような朝。
うーん~幸せ~
とりあえずもっと早起きしてほんとは朝んぽ~って、ヌサビーチにでかけたんですが、
それはまた別の時に
b0089340_19521836.jpg
この赤い花びらって、バラの花びらなのかと思ってたけど、よく見たら違うのね~
知らなかったわ。 フランボヤンの花びらなのかしら?

さてさて朝ごはん~♪朝ごはん~♪ って頼みすぎ?(笑)
b0089340_19554728.jpg


b0089340_1956202.jpgb0089340_19563142.jpg
b0089340_19563871.jpgb0089340_19565116.jpg
b0089340_19571832.jpgb0089340_2005351.jpg
b0089340_201782.jpgb0089340_2011833.jpg
b0089340_2041218.jpgb0089340_20104857.jpg
b0089340_20161613.jpg
b0089340_2016466.jpg


オマケ
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-14 20:02 | 南部エリア
カユマニス・ヌサドゥア --キャンドルライトディナー--
なんだか写真とりすぎたせいか、まとめるのメンドクサクなってしまって放置中のカユヌサ滞在

私は、2泊のおトクなカユマニスのパッケージ(2泊+スパ2時間+ウェルカムマッサ30分+
ピクニックランチ+キャンドルライトディナー)っていうPKGを選んだのですが、はっきりいって
2泊で泊まったら、これだけのイベントこなすだけでも結構忙しかったですよ~(笑)

とにかく今日は、キャンドルライトディナーのようすを

夕暮れと同時に、キャンドル設置隊と花びら撒き隊が、やってきまーす
b0089340_22415892.jpg
黒のゴミ袋から大量の花びらをプールにばっさばっさいれてます。
(ロマンティック表現じゃなくてすみませーん!)

この準備してる様子みてたら、スタッフの子たちはもう何回もやってるはずなのに、えらーく
きゃっきゃっしながら準備するので、こっちまで楽しくなってきます。
b0089340_2244235.jpg
とくにこのオカマちゃんスタッフが、動きが可愛くて、みてたら楽しかった~

さて準備が整ったようで、いよいよテーブルへ
なんだかたくさん花散らかしましたね~、掃き掃除しなきゃなんて思ってしまうのは私だけ?(爆)
b0089340_22525969.jpg
b0089340_22561093.jpg
b0089340_2253819.jpg


AX

本日のメニューでございます!
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-12 23:55 | 南部エリア
イカンサテ@GOA LAWAH
なんだか最近イカンサテブームきてるんですかね?(笑)と、便乗記事つくることにしました。
私は甘い系のピーナッツソースつけるサテがやや苦手なので、いわゆるサテバリ(つくね状)の
タイプなら、具はチキンでも豚でも魚でもなんでも大好き~
このサテバリのタイプのサテには、たいがいサンバルバリ(サンバルマタ)が付いてくるんです!

はじめてこのサテバリタイプのサテを食べたのは、ルビ海岸の海の家っぽいとこ。
その頃はまだローカルワルンに慣れてなかったので、「なぁーんて汚いの...」って内心ひき
ながら、でもお料理でてきたら、「美味っ!辛っ!」ってむさぼるように食べた気がする(笑)

そして私もやまさんの記事でひさびさにその存在を思い出し、ぜひ行かなきゃ!なんて思い
ながらも、いっつも抜けてるので場所メモし忘れてイマイチ場所がわからなかったんです(泣)

そして、リクエストは「私ゴアラワでイカンサテ食べる。連れてってー!」のみ。
そりゃドライバー君悩むよね~(笑)

そして連れて行ってくれたのはココ、かなり小さいお店。
b0089340_25866.jpg
JLゴアラワの海側の並び、(ゴアラワ寺院は海側とは反対)

入り口でいっつもサテとかペペスとか焼いてます。
b0089340_273388.jpg

席は全部で6ケくらいしかなかった気がする。(って実は2回いったのに記憶が曖昧)
b0089340_29137.jpg

いっつも座る席は壁にむかっての並び席、正面にカマサンスタイルの絵画が飾ってあるとこ。

b0089340_2104843.jpg

お料理はこれがセットメニューになってて、一人前。イカンサテ3本とカンクンとペペス
b0089340_2121763.jpg
そしてこれこれ~これが美味いのよ!
なんだか写真じゃ味噌汁ちっくに見えるけど、辛くて中に小さなバリのレモン入ってるから
ぎゅーって潰して酸味と香りつけたら最高!
b0089340_2141214.jpg

あと写真ないけど、ごはんの横にサンバルバリとやっぱりピーナッツついてます。

このお店も本当に美味しいのだけど、やっぱみんなが美味しいっていうイカンサテのお店で
食べたいのよ~!

今回こぱ夫妻がしっかりわかるように場所しめしてくれたのでこちらの記事をTB
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-11 02:18 | Candidasa
ウパチャラに架かる虹
この冬バリの渡航のメインイベントは、私のアメドのお家の完成のウパチャラでした。
日本出発前の予定では12月24日の満月の日だったのですが、バリ着いてすぐ”予定変更”を
打ち明けられました。「やっぱりねー、さすがバリ」(苦)もちろん理由はお家未完成だから~

でもほんの4日遅れの12月28日に変更になっただけのことでしたので、全くティダアパアパ~
問題ナッシン! そして後になって思えば12月24日のバリって怖いくらいの大雨でしたし。

一応ココまでの お家の記録のまとめ 

私はこの前日までサヌール付近に家具なんかのオーダーしにでかけてたので、ウパチャラの
準備はほぼ参加せず~な罰当たりもんでした(笑)
とりあえず「雨降るな~、ウパチャラ終わるまで雨降るな~」とは、しっかりお祈りしつつ。
しかしこの日、12月28日もさすがさすがの雨季で、朝からどんよりした感じ。
私がアメドに帰ってきた2時くらいは、なんとかまだ雨は落ちてない。すでにウパチャラ隊の
かたたちは到着してて、準備してくれてました。

私はまだ、いろんなお供えの意味とかわからないので、説明もかけませんが、布裂いて
お家の中に飾る神棚(?)の用意。手前にはチャナン用に組んでいく椰子の葉っぱ。
b0089340_2054588.jpg
そしてお家のいろんなところに置いていってました。なんか可愛い~

b0089340_2161022.jpgb0089340_2161621.jpgb0089340_216222.jpg

とか暢気なこと私が思っている間に、さすがウパチャラなれしてる皆様、かなりテキパキと
こんなにいっぱいお供えつくりあげてましたわ!
これまた1ケ1ケちゃんと意味があるらしいけど、もっちろん私にはわかりません。
変わりネタでは、古銭とか手紡ぎの綿糸とかありましたね。
b0089340_2174135.jpg
と、その頃から、雨がバラバラって~(泣)
みんな恨めしそうに外を眺めてます。一生懸命「雨降るな~」ってお祈りしたのになぁ・・・
b0089340_21162694.jpg
「やっぱりねー、私の祈りなんか届くわけないよなぁ...」って海の方眺めたら!

きゃー!虹発見!
私の人生勝った!ってそんな気分。
b0089340_2127410.jpg
もちろんこの虹は、その日その付近にいたみんなが見てるわけなんだけど、なぜだかその時は
この虹は、このウパチャラのために出たってそんな確信(笑)
Dreams come true!

その後、虹はさらにW虹になってさらに私を興奮させてくれました。
肉眼だとハッキリみえたんだけど、私のオンボロカメラの写真だとわからないかなぁ・・・
奥のわりとハッキリ写ってる虹の手前にぼんやりもう1ケあるのよ。
b0089340_2114069.jpg

そうこうしてる間に、お祈りがはじまりました。そして雨も完全にやみウパチャラのあいだは
一滴も降らなかったんですよ!
b0089340_21344795.jpg


一緒にお祈りしてみたい!
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-09 22:13 | Amed--アメド--
ふたたびPuri Sindhu Mertha Suite
サヌールの辺鄙な場所宿特集とばかりに(笑)この際つづけざまにやっときますね。

夏バリ同様に、また事前予約なしに急遽飛び込みで泊まってきました。
Puri Sindhu Mertha Suite -- プリ・シンドゥー・ムルタ・スイート --

前回は、普通のお部屋が満室で、同じ価格でThe FamilySuiteに泊まったのですが、
今回はめでたく(?)普通のお部屋があいてました。お値段はスタッフが顔覚えてくれてたので
前と同じく400,000RP。今、公式サイトでは450,000RPになってるようですね。
b0089340_013237.jpg

ほんとは、カラフルな布のお部屋に泊まってみたいのだけど、今回もそこは先客ありでした。
b0089340_017744.jpg

このホテルは、小さくて特に何にもないのですが、お部屋がとにかくキレイで趣味がいい!
唯一趣味の悪いものは、柄物の変な足マットがあること。でも小さい小さいやつだから、
見なかったことにできる範囲なんです(笑)

ベッドの向かいにあるTVと飾りだな。 そして部屋の中からの眺め。全部屋プールビュー。
b0089340_019025.jpgb0089340_019753.jpg

ファミリールームのお風呂は、完全にインバスだったんですが、普通のお部屋はセミオープン
手前のバスタブのところまでは、完全に屋根がついてますが、奥のシャワーはオープンです。
お湯の熱さと量は、全く問題なし! ただし前回も書いたように、やや色付きな水(笑)b0089340_0214446.jpgb0089340_0215845.jpg

そして、基本スタッフはぼーっとしてて、パソコンでソリテールばっかして遊んでるんですが
頼んだことは、何でもすぐにしてくれるので好き。
「コップもってきて~!」「トイレットペーパーないよ~!」とか、まーそもそも普通のちゃんと
してるホテルだったら、最初からないなんてことはありえないものばっかりなんだけど、ココは
準備し忘れてるんですよね(笑) 

でも電話したら、すぐにもってきてくれる(敷地がめちゃ狭い)ので、全く問題なし!

あとね、今回気付いたんですがこの宿、隣が駄菓子やチックなトコ(お店)で、これまた楽しい!
ちょっとしたクルップとか菓子パン(意外と美味くてビックリ)とか買って、ビールも買って
お部屋でちょっと飲んだり食べたりしたいときにすごく便利でした!

前回はファミリースイート用のダイニングで朝食したんですが、建物の裏手にこんな
テーブルあるのも見つけました。お部屋の前の小さい椅子でもいいし、ここでもいいようですね。
b0089340_0283528.jpg


ここも、私にとっては便利な場所にあるので、また急遽泊まることになるかもしれません!
[PR]
by pieces-of-bali | 2008-02-08 00:32 | Sanur


アクアテラスの公式ウェブ
English Site
https://www.aquaterrace-amed.com/
日本語サイト
https://www.aquaterrace-jp.com/
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧