人気ブログランキング |

アメドのお宿 Aquaterrace のオーナーのブログです
by アクアテラス
<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
到着日のペニーダ.ビュー
もう5ケ月も前の話になってしまいましたが、前回日本からバリに戻ってきた際の
1泊目は、サヌールのPENEEDA VIEWにしました。

この時は、ははPと一緒でしたので、やっぱり朝食を海をみながら
食べれるところで、でも到着日で遅い時間のチェックインになるし、高いとこはもったいない
しなー・・・という理由で選びました。

結果、大満足な選択だったと思いますよ。
お部屋やホテルは、ピカピカではありませんが、こまめにリノベーションもされてるので
不服なく滞在できました。
小さいとこですが、ミニバーに入ってるコーラ2本とアクアは無料ですしね。

あ、でもごめんなさいお部屋の写真1枚もないんです~(泣)
ははPのカメラでちゃんと撮ったはずなんですが、全部削除してしまってるらしい・・・

そんなわけで、翌日の朝んぽと朝食から
朝起きなくて、朝陽みなくて、サヌールに滞在した意味ないぞ!とばかりに早起き
早速浜辺をサンポです。
b0089340_11433433.jpg

アメドの朝陽も美しいですが、サヌールは遊歩道があるのでゆっくり歩けるのが
また違っていいですね。

スミニャックの浜の高級犬たちと比べるとちょっと見劣りしますが、サヌールの
雰囲気によくあった犬達がお散歩してます。
b0089340_11471386.jpg

サンポ後は、いったんお部屋に戻ろうと思ってたんですが、海に面したレストランを
通ると、すでにスタッフが準備整えてましたので、もう一気に朝食いっちゃいます。

まだ思いっきり朝の光のレストランです。
b0089340_11482820.jpg

写真の撮影時間みたら、7時ちょうどでした!

朝食はペニーダビューの特別卵料理みたいな書き方で、メニューの隅に書いてたのを
発見したので、そちらの卵料理から2種(名前は忘れてしまいました)

塩気のしっかり効いたチーズがたっぷり溶けてるオムレツ
b0089340_124291.jpg

美味しかったです!
付け合せのソーセージは、まだ中が冷たかったので、もう一回焼き直してもらいました。

ミックス・スクランブル
b0089340_11535544.jpg

これもしっかりした味付けで美味しいです。
ペニーダの朝食には、全く期待していなかっただけに、卵料理頑張っててびっくりしました。

パンはレーズンのデニッシュにしました。
b0089340_126476.jpg

30歳すぎてから、デニッシュやクロワッサンは朝にはちょっとバター気が重いと感じる
ようになってしまいました(笑)

そしてその後はお部屋でおでかけの用意してお買い物です!

お買い物記事は、ははPがまとめてますので、そちらの記事でどうぞ。
(美しく写りすぎのPちゃんの写真もみれますよ!(笑)

そしてお買い物から帰ってきた後に敷地内をちょこちょこと。

これはルンブンコテージ
b0089340_11553536.jpg

ちょっと海から遠いので、こっちに泊まることはないかなーって思いました。

入らずですが、サイドの何人でも寝転べるタイプのデッキチェア面白いですよね。
b0089340_11562329.jpg


お部屋に向かう緑いっぱいの小道です。突き当たりは海
b0089340_11571716.jpg

私達が今回泊まったのは
2BED ROOM FAMILY WITH BATHTUBの緑の間です。 3人で78ドルでした。
シャワースペースは半オープンエアになってました。シャワーの方のお湯量は
イマイチで、固定式なのでちょっと使いづらかったですが、バスタブの方は
かなーり勢いよくでました。

海に近い位置にありましたし、間取りも以前ひなちゃんが泊まった時に
みた同じカテゴリーの部屋よりちょっと広めになってましたので、この部屋をまた
リクエストしたい勢いなんですが、お部屋番号控え忘れました~・・・

3人で泊まる設定で、同価格で、と考えると、お部屋のきれいさからだと
圧倒的にクタのサンセット・レジテンス・コンドテルなんかの方がいいんですが
やはり朝に浜辺を気軽にサンポ出来るっててんで、ペニーダビュー一押しです☆
by pieces-of-bali | 2009-11-30 11:50
ナナの赤ちゃん続報
今日も相変わらずのいいお天気でーす。
まだ雨は降りませんが、今日は風が強いので、ちょっと暑さはマシですね。

何気に好きなアクアテラス・シンプルバンガロー前の芝生からの眺め
b0089340_11294091.jpg

大きなジュプンの木で、日中も木陰になるので、お客様がいらっしゃらない時は、スタッフが
よくここで昼寝したりしてます。

今日も朝からがっつりと、ナシチャンプルをブンクスしてきてもらいました。
b0089340_11353474.jpg

日替わりで多少おかず内容は違うのですが、ここのナシチャンは、たいがいアメド名物の
サバ(魚).ゴレン・なすび・テンペが入ってます。
今日のはサユールジパンも入ってましたよ。 
お値段は、今日はおかず多目で5000RP。
だいたい10時半には売り切れになってしまう事が多いので、もーしアクアテラスにお泊りの
際に、朝からナシチャン食べたい~~って方がいらっしゃれば、朝ごはんをナシチャンにして
もともと付いてる朝食をランチ時に回しても大丈夫ですので、おっしゃってくださいね。

なんせお部屋数、合計2室しかないので、何でも事前にリクエストしていただけば、
たいがいの事はアレンジ出来ますからね。

そして今日はナナの子供続報でーす!
生まれて23日目、もう歩けるようになりましたよ。
b0089340_11475545.jpg

茶トラの子は、どうもカメラが好きなのか、「あんた近づきすぎやって~!」
b0089340_11494692.jpg


あと1週間後くらいには、よそのお家にもらわれて行くので、それまでに、しっかり遊んでおきます。
あぁ~可愛い
by pieces-of-bali | 2009-11-29 11:51
在大阪インドネシア共和国総領事館
バリに住んでるのに、なぜか日本のネタなんですが、
パソのアルバムの中に、写真がちょこんと残ってたので削除する前にーーと(笑)

日本に帰国中のある日、ヴィザ関係の用事で訪れた大阪のインドネシア大使館かと
思いきや、”在大阪インドネシア共和国総領事館”←これが正しい名称なんですって。

総領事館なんて名前だから、どんな場所かどきどきしてたんですが、ビルの中の
一角でした。
b0089340_10195514.jpg

領事館行くのって緊張するので、はりきって早く家を出発したもんですから、まだ
窓口が閉まってます。

ヒマなので辺りを見回してたら、素敵なコーナー発見!
インドネシアの島々の各民族衣装着たお人形が飾ってあるんです。
b0089340_10204395.jpg

あ、正式には”インドネシア共和国総民族人形”なんでしょうか?

これは豪華な民族衣装ですねー。
b0089340_10212860.jpg

でもなぜか島の名前のとこ写真とってないので、どこの島だったのか忘れて
しまいましたーー・・・
どこか分かる人いらっしゃいますか?
アクアテラスのスタッフ達は、”MADURA”だと言ってますが、多分テキトー
なはずですから(笑)

お次は、大好きなバリのを探さなきゃ~
あったあった~
b0089340_10221433.jpg

あら、バリのは意外と質素な衣装でした。
ジュプンを耳に飾ってるのと、お尻より下まである長い髪が特徴?

でも上のどこの島のかわからない豪華な衣装のと比べると、全く同じ
人形に着せてるにもかかわらず、バリの方が、スタイルの良さも強調され
シンプルながら、ずいぶんと若々しく、美男美女に見えません?
(でも言い換えれば悪いスタイルの場合でも、強調なんでしょうね)

まー私はこういう衣装は着ませんが、住んでる島がバリでよかった~とか
意味分かりませんが、思ってしまいました。

さりげにバリの人形の手前にいる、このオジサン人形は何でしょうか??
by pieces-of-bali | 2009-11-28 10:23
事件です!
もう~信じられない、ムカつく、ムカつくーーー あったまくるーー!!
昨日からこの小さな村の話題もちっきりの事件なんです

うちの可愛いスタッフクトゥの、彼氏(2日前まで)が突然昨日別の16歳の子と
結婚式のウパチャラ。

はぁー????とみんな驚きで、本人は昨日の夕方までそんな話は聞いてなかったらしく
昨日から泣き通し。

詳しい事情は、周りは誰も知らないし、その男が二股してた事実も全くしらないらしい。
(まーその男の方の近い友達とかは知ってたんだろうけど)
毎日クトゥの仕事が終わるのをアクアテラスの前でずーっと待ってるっていう
ほほえましいカップルに見えてて、この村の人も普通にそう思ってたのに。

周りは、私とか同僚のデシとかは”ありえん!”と怒りくるってますが、セルンとか
夫とかは「びっくりやけど、まーバリではよくある話。」くらいの受けいれな感じ。

クトゥの父さんはウパチャラの音がクトゥに聞こえないようにーーと
昨日は一晩中スリン(縦笛)を吹いてたらしい。

そして目は腫れてるけど、今日も普通に仕事にやってきたクトゥ、強いぞ!
「セルンむかつくー」って殴ってみたり、殴られてあげてるセルンも優しいね。

写真は以前、入籍のお知らせした時に使ったのと同じくドイツ人のバンブーさん撮影

アートなクトゥとデシ
b0089340_1234222.jpg

by pieces-of-bali | 2009-11-27 12:34
クサンバのサテ・イカン特集
私の住んでるアメドは意外とローカル価格のローカルワルンってのがないんですよ。
街から材料を持ってくるのに遠くてガソリン代がかかるから、材料が高いってのが
原因のひとつですかね。

あとは田舎の地元の人は外食なんてしなくて、お家でごはん食べるのが普通だから
ローカルさん向けのワルンを作っても、いまいちお客さんこないのかな?

まーそんなアメドの食事情はさておき、今日はクサンバのお魚のサテ・リリッ

サテ・リリッってのは、つみれ状に叩いたお魚とかお肉とかのサテ。
サテバリって名前でも呼ばれてます。
バリのウパチャラの時にひたすら作ってるサテはこのサテ・バリで、つみれ状のサテ
魚だったり鶏肉だったり豚肉だったりします。

クサンバは漁村で、塩の産地としても有名なんですが、このサテ・リリッ.ペペス(バナナの
皮に包んで焼いたつみれ).魚のスープ.お野菜.ごはんのセットになってる定食屋さんが
何軒も並んでます。
その中から、今日は3軒をご紹介。

ずーっと以前の記事で紹介している もう一軒 "LESTARI" もあります。

------------------------------------------------------------------
まず1軒目 一番大きいお店の-- MERTASARI --メルタサリ
このお店はクサンバのメイン通りから外れてまして、ちょっと奥まった場所にあります。
b0089340_10341669.jpg

とにかくここのは辛くて、味にガツンとパンチがあります。味の素たっぷりーで
コクがあって美味い。
健康志向とは全く逆の流れになっちゃうんですが、バリ料理って、味の素が
入らないと、本気のバリ料理の味にならないんですよね。
田舎のお家にいくほど、ガツンと味の素効いてる気がします。

スープとプレチン・カンクンとサンバルマタ・ピーナツゴレン
b0089340_10352570.jpg

サテとペペス
b0089340_10372457.jpg

そしてビールも置いてあるのがポイント高し。

ハエが多いお店なんですが、ハエよけのためには、店内の奥の方の
陰になってる席に座ると、ハエがきにくいですよ。
道路に面した席にハエが集まってること多いです。
南国暮らしで知ったんですが、ハエって日陰ではあまり活動しないんですね。
------------------------------------------------------------------
そして2軒目は、アリラマンギスのドライバーさん御用達のサテ屋 SRI DEWI
(本当に、前を通る度に、アリラマンギスカーが停まってるの見るんです)
まさか、アリマンのお客様に頼まれ、ブンクス調達してるんでしょうか!?
b0089340_1039279.jpg

ここはオーシャンビューで、ペニダ島が見えてます。
b0089340_10404913.jpg


サテとペペスとウラブとサンバルマタとスープ
b0089340_1041404.jpg

ここのはサテとペペスがちょっと甘辛で、ちょっとしっとりした感じ。
付け合せ野菜もウラブで辛さ控えめですので、辛すぎるのは、ちょっとなー・・・って
方でも安心して食べていただけると思います。

この日は残念ながらビール置いてませんでした。
-----------------------------------------------------------------
3軒目は、一番新しく出来たお店 PANCA BOGA
ここはオーシャンビューではありませんが、クサンバのメイン通り沿い
b0089340_10441100.jpg

今はまだ新しいので、お店もきれいめです(といっても、思いっきりローカル仕様ですが)

このお店の嬉しいところは、これ!!エス・クラパ・ムダがあるんですね。
b0089340_10445692.jpg

ココナッツジュースなんですが、味はさーっぱりしてて甘さ控えめで美味しいんですよ。
レモンたっぷりいれて飲むのが好みです。
冷たくないと美味しくないので、氷が怖い方は飲まない方がいいでしょうね。
果汁を飲みつくしたあとは、しっかり果肉(ナタデココ)もスプーンでほじほじして
食べてくださいね。

ここは、プレチン・カチャンパンジャンとサテ・ペペスとスープのセット
b0089340_10455832.jpg

ここのも辛さはマイルドで、ちょっと甘辛の味で、食べやすいですよ。
プレチンは辛さの好み聞いてくれますので、辛いの好きな方は「辛くて大丈夫」と
言ってくださいね。黙ってたらたぶん、外国人用は辛くないの出してくると思いますから。
-------------------------------------------------------------------
どこもお値段は、一皿セットで1万ルピア前後と格安ですので、ぜひぜひクサンバを
通りかかられたら挑戦してみてくださいねー。


アメドへこられる際には、クサンバの安いローカルご飯でお腹膨らませた後には
ちょっと気分変えて絶景場所でお茶休憩どうぞ!
贅沢系ならアマンキラ☆ お手頃の絶景海ならブルラグーンがおすすめです!
ブルーラグーンの絶景ワルン記事はこちら
あ、海はアメドで見れるので、涼しい高原でーーというなら、タマンティルタガンガの中の
ティルタアユもいい眺めですよ!

それぞれの記事はまたいつか。
by pieces-of-bali | 2009-11-26 10:47
バリサファリ with スタッフ
少し前のお話ですが、繁忙期おつかれさまーの感謝込めて、アクアテラスの
スタッフを連れて、バリサファリ & マリンパークに遊びに行ってきました。

アクアテラスのスタッフは、近所の若い子ばっかりで、田舎の子で英語もまだまだだし
もちろん洗練されたサービスとかは出来ないのですが、全くすれていなく、とても
いい子ばっかりで、私としてはとても気に入ってるので辞めずに続けてほしいなーと
思ってます。

今回は全員ローカル料金適用なので、入場料も一人7万ルピアでした。一般は
25ドルだと思いますので、約4分の1の価格になるんですね。

前回、バリサファリに行った時は、併設のMara River Safari Lodgeに泊まったので
今回が初の駐車場からメインターミナルに行くバスに乗りました~

みんな田舎者(愛を込めて)、初バス(?)すっごい緊張してますよ~
b0089340_1354059.jpg

とりあえずバスから降りて、ほっとした様子
ちなみに、みんなお洋服はこの遠足に備えて、新しいの買ったんですよ。
b0089340_13544840.jpg

名前を紹介しておきますね。
右から クトゥ(19歳)・デシ(16歳)・セルン(19歳)

それではいざ入場
とりあえず象みとかないとーと象の村に向かいましたが、いくら私が「触ってみー。」と
言っても、「タクッ ティダブラニ(怖い~、勇気ない)」と手を出さない。

大丈夫~怖くないからーーとまずはニンジン購入して私が見本みせてます。
b0089340_13553772.jpg

11:45からの象さんのショーまで、まだ時間があったので、先にトラムに乗ります。
ここの動物は、いつきてもダルそうにしてますよね(笑)
b0089340_13563286.jpg

そして象さんショー
b0089340_13571731.jpg

以前は象さんメインの可愛いショーだったんですが、今回はなんだか教養ショーになったらしく
密猟問題・森林破壊問題を取り入れた、お芝居になってて、象より人間の出場のが多く
ちょっと・・・・

まー最後はお決まりの、象さんの水泳
b0089340_1358956.jpg

可愛いわーー

最後はステージにみんなあがって写真撮影会が可能になってました。
b0089340_13585718.jpg


そして一向はサファリを後に、本当はGWKも行きたかったんですが、デシは車酔いが
ひどく、「ねー、もう帰ろう・・・」と気弱にいうので、しょうがなくアメド方面に向かい
タマンティルタガンガ見学に決定。
b0089340_140029.jpg

アメドからは40分くらいの場所ですが、みんなはじめてきたんですって。
私はうーん・・・何回目かな。すでに数え切れない(笑)

せっかくだから最後にはちょっと贅沢にTIRTA AYUでお茶~
b0089340_1404828.jpg

写真とり忘れたんですが、TIRTA AYUレストランからの景色、すっごいいいですよ。
小高くなってますので、ティルタガンガを越えて、海まで見渡せるんです。
(また改めて取材いってきますね。)

そしてアクアテラス一行は、家路に着いたのでした。
来年もどっかみんなで行きたいけど、とりあえずデシの車酔いが難問ですね・・・
バイクは酔わないらしいから、バイクで行くか!?
by pieces-of-bali | 2009-11-25 14:02 | なんでもないこと
釣り堀ワルン TAMAN SARI
私が釣り人であることは、有名(?)なんですが、最近私のつり道具が、義兄(バリ人)に
より持ち出されたまま、帰ってこない~(泣)
しかも持って帰る時に言った言葉は「汚れてるから、きれいに掃除してきてあげるわ!」
だったのに~ キィー~!!

そんなわけで、最近めっきり海は目の前なのに、海釣りしてないんですよね。

「私の釣り道具とり返して来てよ~。」と思い出してはブーブー言ってる私のために
優しい夫は、こんな素敵な場所を探してきてくれました~
(*それよりも、私のつり道具を取り返してきてほしいが)

サヌールバイパス沿いにあります、釣り堀ワルン TAMAN SARI 
自分で釣った魚も料理してくれますし、釣りをしない人も普通に食事が出来ます。

例によってレシートなくしてしまったので、代金がいくらだったのか、住所などの
詳細はわかりませーん。

とりあえず入り口の説明を読んでください。
一応簡単に訳してみますと

b0089340_1202991.jpg

タマンサリ
お食事処 & 釣り堀
  ”注意書き”
お客様は、このエリアに
食べ物や飲み物を
持ち込まないで下さい。
**********
池で釣れた魚は、外して
再放流しないで下さい。
(リリース禁止)
(買取り!!)

釣竿はこわさないで。
壊れたら弁償!

ってな感じです。


ここは、時間制限なしつり放題ですが、残念ながら固定料金ではなく
釣れた分は、”絶対買い取り”システムなんですね。しかも1kg=2万ルピア

いやーん、厳しいわ~。とか思いつつ、いざ入場。
b0089340_1223050.jpg

だだーんとこの4倍くらいの大きさの池が広がっております。
早速に釣りもしたいという事を伝えて、釣り道具をレンタルします。
これも値段忘れましたが、たぶん2万ルピアくらいだったと思いますよ。
釣竿、リール、エサ(練り餌)など、全てセットされてます。

いざ狙いをさだめて、キャスト
最初はワルンのスタッフが言うとおり、「池の真ん中に大きい魚いるよ。」を信じて
真ん中狙いでキャスティング。

うーん・・・釣れない。

そーらそうだ、このくそ暑い南国の正午に池の真ん中でのほほーんと魚が泳いでる訳ない。
スタッフは無視して、自分でポイントを探します。
私の釣りメモからすると、暑い時間は”流れ込み”を狙えです。

よっしゃ!早速GET
b0089340_1234353.jpg

でも小さいです~(泣)

その後は、このポイントで投げては釣れるーーの入れ食い状態になりましたが、どれも
似たようなサイズ。こんな小さい魚、持って帰るの嫌だよ~・・・と、外す時に失敗したふり
しながら、こっそりと池に逃がしてました。

めざとくスタッフに見つけられてしまい、「うわ、やばい~」と思いましたら、
「今日はボスいないから、どんどん釣って、逃がしてもいいよー。」とのこと。
やったね~、買い取らなくていいなら、バンバン釣るぞ~。

そんなわけで、釣れた小さな魚は全部リリース。
お食事用には、その3倍くらいある大きい魚を頂きましたよ。

グラミゴレン(淡水魚のから揚げ)
b0089340_1254887.jpg

ゴレンの方は、サンバルゴソッがセットになってます。
お魚に羽がついてて、飛んでるみたいですよね。
カリッカリッに揚ってて、今まで食べたグラミゴレンの中で一番美味しいです!

グラミバカール(淡水魚の炭焼き)
b0089340_1275828.jpg

こっちには、サンバルマタが付いてます。
ここのサンバルマタは、全部は細かく切ってあります。
好みでは、バワンメラが大きめに切ってあるほうが好きですが、この店のは
レモングラスがかなり多めに入ってましたので、ちょっと変わってて美味しかったですよ。

5人で行ったので、バカール1匹とゴレン1匹とプレチンカンクン2皿とルンピア2皿と
ごはんを5皿オーダーして、ちょうどいい感じにお腹いーっぱいになりましたよ。

それに釣り道具レンタル代とテボトル5本をセットして、35万ルピアくらいだったかな。
ローカル料理の店にしては、ちょっと高めだったけど、味はかなりいいし、
ボウズ逃れの釣りも出来るし、また遊びに行きたいでーす! 
by pieces-of-bali | 2009-11-24 12:10
ダルマンの木やらジャンブーの木やら
早速、鯔ちゃん のリクエストにより、「ダルマンの葉っぱだけじゃなく、木も~」って
ことで、日本語教室の子供のお家訪問。

「今日は、ダルマンの木の写真取りに行くからね~、お絵描きちょっとだけやからね。」
(はっきりいって、日本語の勉強よりお絵描きがメインの様子)と早々にレッスンはおしまい

アクアテラスを出発して、子供のお家まで歩いていきます。
b0089340_1220536.jpg


山が赤く染まってるのは、紅葉ではなくフランボヤンの花です。
今はまだつぼみで、今からどんどん真っ赤に咲きほこりますよ。

b0089340_12225412.jpg


お家到着で、まずはダルマンの木に
案内してもらいました。

やはり蔓になってる植物で、花は咲いて
ないですが、雰囲気はクレマチスに
似てますかね?

細い竹に絡んでいって高さ3m以上に
なってます。


b0089340_12293345.jpg
これはジャンブーの木です。
種類はまたちょっと違いますが、
英名のグァバのことです。

++ 訂正 ++
この実はジャンブー・アイル(Jambu air)
英語ではWater appleと呼ばれるそうです。
グァバとは別物。
グァバの方は、Jambu bijiとかJambu kluthukと
呼ばれて,区別されています.


このお家には、他にマンゴーの大木も
あります。

お庭で果物が豊富にとれるなんて
贅沢ですよね~


早速ジャンブー取りに挑戦!
b0089340_1231972.jpg

一番背の高い子が、棒で突っついて、あとの二人が落ちてきたのを、布で
キャッチです。

これがジャンブーの実です。
b0089340_12352496.jpg

透明感のある、優しいピンクでなんとも美味しいそう~に見えるんですが
食べたらあまり味はありません(笑)
シャクッとした、ほんのり甘酸っぱい水分たっぷりな感じですね。

ダルマンの写真もとって、ジャンブーも頂いて、大満足で家路に。
ちょっと日暮れの丘の上からの海の色がとってもキレイ~とパチリ。
b0089340_12361347.jpg

by pieces-of-bali | 2009-11-23 12:23
AYANA RESORT -- クラブラウンジ編 --
前の記事 お部屋編 に続いて、アヤナリゾートのクラブラウンジの
食べたもの一覧。
かなり頑張って、全時間のサービスを試してきましたから(笑)

でも、ごめんなさーい。以前ほどブログに気合が入ってないもんですから
参考資料なんかを全部紛失~。 なんで、詳しいこと書けません。

一応記憶をたどれば、サービスはもちろん24時間体勢なんですが、時間に
よって変化がありまして、

* 朝食タイム
* ランチ用の軽食(あ、この時間はチェックし損ねてます・・・)
* アフタヌーンティ 
* 夕食前のオードブル
* お休み前のチョコレートとリキュール

とかになってたと思います・・・・

クラブラウンジの雰囲気はこんな感じです。
b0089340_14363850.jpg
やはり同系統でいうなら、私はインターコンチのラウンジのほうが、雰囲気も
料理内容もスタッフの雰囲気も好きですね。

オープンエアのお席もあります。眺めはインターコンチよりアヤナの勝ちです。
この写真は逆光すぎてよくわからないと思いますが、海が一望出来ますよ。
b0089340_14382879.jpg


オープンエアのお席のところに、いつも白い鳩がエサをおねだりにやってきます。
嬉しそうにエサをあげてる ははP71歳 70歳
b0089340_14391475.jpg

「やっぱり高級なとこ住んでる鳩は、白いし、なんや上品やな~。」とか(笑)

アフタヌーンティのケーキ類です。
b0089340_1440914.jpg

バリではなかなか食べれない、スコーンに添えるフワフワ~の生クリームうまっ!
あー今、今、生クリームとか食べたいです。(でも田舎、そんな気の利いたものはない・・・)

そして次は夕食前のオードブルですね。
b0089340_1442266.jpg

この日のお料理は、全て中華っぽいものでした。
気分的にイタリアン希望だったので、ちょっと違うかったかな・・・

そしてお休み前のチョコレートと思って出かけたんですが、ケーキでした。
b0089340_1443256.jpg

さすがにお腹いっぱいだったんですが、全部バりにしてはかなり上出来です。

そして翌日の朝食
b0089340_14441634.jpg

ベーグルとサーモンがあったので、サンドしようと張り切りましたが、クリームチーズが
なかった~。
スタッフお願いしたら持ってきてくれると思いきや、あっさりと「ない~。」で終わらされて
しまいました(苦)

オムレツとかはその場で焼いてくれて、さすがさすがに美しい仕上がりだったんですが
写真はとり忘れました。

飲み物は常に、ビール・ワイン(HATTENのTWO ISLANDSのみで泡はなし、だったのが
かなーーり残念)
ソフトドリンクは各種あると思います。

ひつこいですが、私はやっぱり同系統では、インターコンチのんが絶対勝ちだな~と
思いました。
また機会があれば、次はNIKKOのクラブも試してみたいです!
by pieces-of-bali | 2009-11-22 14:44 | 南部エリア
ダルマンの作り方
昨日の夕方、ちょこっとだけ雨が降りましたが、恵みの雨~♪と喜ぶ間もない
うちにやんでしまって、今日はまた晴天、暑い~~

今年の3月から、近所の子供達に声をかけてうちのレストランで週3回(火・木・日)と
日本語教室@無料しています。
日本語教室というものの、私のインドネシア語もまだまだなので、逆に子供達に
教えてもらっているという気もしますが・・・・(苦)

これは第一回目の教室の様子
b0089340_11234178.jpg

なんと13人もやってきたので、あたふた~

でもまー、そこは子供のことだんだんと飽きてきて、今は3人だけが熱心に
続いてます。
b0089340_11253810.jpg

なかなかの可愛い子ちゃんぞろいでしょ~

最初は週2回の予定だったんですが、この子達は熱心で「3回きてもいい?」って
ことで、現在3回やっております。
もちろんナナも授業に参加
b0089340_11263850.jpg

でも実は、勉強はそこそこに他のお楽しみーーが目的で熱心なんですよ。
その1は、勉強の後に私が女の子(一昔前の目がキラキラしたやつ)を書いてあげる
のが、楽しみなんですね。
いっつもテスト20問だして、間違いが5ケ以内なら絵をGET。100点なら5ケGET
間違い1ケで絵を4ケ・間違い2ケで絵を3ケという仕組みになってます。

その2の楽しみは、勉強後のおやつ~!
一番の頻度なのは、ダルマン。
バリの人気のおやつで、緑色のゼリー、葉っぱから作る簡単おやつなんです。

これがダルマンの葉っぱ
b0089340_11281131.jpg

これは生徒の一人のお家にあるらしく、作ってほしい日は自分たちでとってもってきます。

作り方は超簡単で、葉っぱをきれいに洗ったあと、葉っぱのカサの半分くらいの水を
加えて、ぐちゃぐちゃ~と手でもむだけ!
b0089340_11293864.jpg

どんどんと水が緑色になっていって、少しずつ液がとろりんとしてきます。
あとは茶漉しで濾して、常温で30分も置いてたら、ぷりんとしたゼリーが完成!

ゼリーになったら、スプーンですくってグラスに氷と一緒にいれまして、好みで
ココナッツミルクやグラメラ(椰子の黒砂糖)を加えて、ストローでじゅるんじゅるんと
飲みます。

この日のは、ダルマンと氷と普通のミルクとグラメラを混ぜてます。
b0089340_11305289.jpg

しかし、葉っぱを揉むだけでゼリーになるなんて、なんてお利口さんな葉っぱでしょうね。
効用は知りませんが、なんだかとっても体にも良さそうな感じしますよ。
またぜひ試してみてくださいね。
by pieces-of-bali | 2009-11-21 11:31 | Amed--アメド--


アクアテラスの公式ウェブ
English Site
https://www.aquaterrace-amed.com/
日本語サイト
https://www.aquaterrace-jp.com/
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧